主催事業

ホール事業ホールで実施するコンサート、演劇、伝統芸能などの
主催事業をご紹介します

ホーム > 主催事業 > 木村 大 ギター・コンサート ~スペシャルゲスト NAOTOと榊原大を迎えて~

木村 大 ギター・コンサート ~スペシャルゲスト NAOTOと榊原大を迎えて~

溢れる感性と超絶テクニックで世界を驚かせたギタリスト木村大が贈る待望の第3弾コンサート!
スペシャルゲストとして、スタイリッシュにジャンルを跨ぐヴァイオリニストのNAOTOと、ピアニストの榊原大を迎え、パッションみなぎるステージをお届けします!

日 時 2017年1月22日(日)15:30開演
会 場
あましんアルカイックホール・オクト
チケット情報
指定席
一般
メイト
 一般
5,000円
4,500円
 大学生以下
2,500円
-

※当日は各500円増。
※未就学児の入場はできません。

 

メイト
2016/09/24(土)発売開始
一般
2016/09/30(金)発売開始
プレイガイド
お問い合わせ 06 (6487) 0910 企画営業担当


イベント詳細

◆木村 大 Dai Kimura (クラシック・ギタリスト) プロフィール

 1982年、茨城県生まれ。5歳より父、義輝に師事、ギターと音楽理論を学ぶ。1996年、世界最高水準と言われる第39回東京国際ギターコンクールで見事14歳で優勝。2回にわたり茨城県知事賞受賞。バルセロナ音楽祭に招待されヨーロッパデビュー。17歳でソニーよりCDデビュー。アルバム『ザ・カデンツァ17』『駿馬』『アランフェス』DVD『DAI』を発売。デビューアルバムが異例の大ヒットを記録し、この間『トップランナー』『情熱大陸』等テレビ・ラジオに多数出演。2001年第11回新日鐵音楽賞フレッシュアーティスト賞を受賞。日本を代表するギタリストとしてスペイン王立セビリア交響楽団全国ツアー(14公演)にソリストとして参加。2002年より英国王立音楽院に留学。2004年、帰国第一弾として、ソリストとしては異例のNHK交響楽団と3夜連続共演。第1回ベストデビュタント賞(音楽部門)を受賞。2005年アルバム『カリフォルニアの風』2006年『ロンドン・エッセイ』2009年『INFINITY mugen-DAI』をソニーより発売。2009年フジテレビ系列『すき!地球』のテーマ曲として自身作曲の「HOME」が使用され、作曲能力も高く評価される。様々な音楽ジャンルのアーティストとも共演。国内外から注目を集める実力派ギタリスト。
 2013年3月にはキングレコード移籍第一弾となるアルバム『HERO』を発表した。クラシックの範疇にとどまらないヴァーサタイルな才能を発揮し、ROCKやPOPSの名曲に捧げる新たなギターの世界を打ち出した。7月には自身初となるギター教則DVD『木村大クラシック・ギター・レッスン』をアトス・インターナショナルより発売、速さと正確さを誇るフィンガーテクニックを披露している。2014年5月、キングレコードより、愛をテーマにしたアルバム『ONE』をリリース。2015年4月には安倍総理の主催する「桜を見る会」への招待を受けた。2016年1月、キングレコードよりアルバム『ECHO』を発売。常に進化を続けるギタリスト。
 

 

◆NAOTO (ヴァイオリニスト/作・編曲家) プロフィール

 大阪出身。東京芸術大学附属音楽高校、同大学音楽学部器楽科卒業。クラシックからポップスまでジャンルにとらわれない音楽センス、ブリッジをしながらの演奏など華麗なパフォーマンスで人気を博す。ドラマ「のだめカンタービレ」では出演、演奏指導、楽曲提供で一躍注目を集め、ハローキティとのコラボ、日本スープカレー協会理事に就任、“カレーマイスター”の資格取得、ラジオパーソナリティなど活動は多種多彩。最新アルバムはNHK「スタジオパークからこんにちは」テーマ曲を含むベストアルバム「BEST」。ジャンルをスタイリッシュに跨ぎ、POPSを表現する唯一無二のヴァイオリニストとして、ますます進化を続けるNAOTOにさらなる注目が集まっている。
 

 

◆榊原 大 Dai Sakakibara (ピアニスト/作・編曲家) プロフィール

 1967年生まれ。4才よりピアノを始める。東京芸術大学在学中にG-CLEFを結成。卓抜した音楽性・演奏力をベースにフュージョン・インストゥルメンタル・バンドのフィールドを開拓し、7度にわたる全国ツアーや、インストゥルメンタル・バンドとして初の紅白歌合戦出場を果たすなど、多彩な実績を残す。バンド解散後も、その力強いピアノタッチとジャンル不問の卓越したセンスは、葉加瀬太郎、ゴスペラーズ、中島美嘉、松田聖子、大友康平など数々のアーティストのステージサポートやアレンジワークで発揮される。2001年から本格的にソロ活動に取り組み、以来、オリジナルアルバムのリリースを重ねる。また映画やテレビドラマ等、映像音楽も数多く手掛けており、05年にはNHK連続テレビ小説「ファイト」の音楽を担当した。ほかにも日本テレビ「ブルドクター」(11年)やテレビ朝日系列「ANN ニュース」テーマなどで楽曲を提供している。15年7月には、新旧のポップス曲に斬新なアレンジを施した9作目のアルバム「Dear Love Songs」をキングレコードより発表。
 

 

 

◆プログラム(予定)

アランフェス協奏曲  ホアキン・ロドリーゴ
ニュー・シネマ・パラダイス  エンニオ・モリコーネ
ラ・イスラ・ボニータ~美しい島  マドンナ
  ほか

※やむを得ない理由により、演奏曲目が変更となる場合がございます。

 

主催・後援・協賛など

主 催 公益財団法人尼崎市文化振興財団
後 援 エフエム大阪 / 尼崎マンドリン・ギター協会
企 画 木村音楽事務所

検索結果に戻る