白髪一雄(図)

白髪一雄氏略歴

白髪一雄 ポートレート

1924(大正13)年、尼崎市西本町で呉服商「木市呉服店」の長男として生まれる。幼少時より絵を描くことが好きで、父親が趣味で描いていた洋画に関心を持つようになる。

尼崎市立第三小学校(現:明城小学校)に入学。その後、新設された市立竹谷小学校に編入して卒業。兵庫県立尼崎中学校(現:県立尼崎高等学校)の在学時に絵画部に入ったことが画家を目指すきかっけとなり、京都市立絵画専門学校(現:京都市立芸術大学)に進学して日本画を学んだ。
京都市立美術専門学校(1945年改称)を卒業後、洋画に転向して風景や人物画を描き始めたが、既存の絵画に飽き足らず、天井から吊るしたロープにつかまり、床に広げたキャンバスの上に絵具を置いて縦横無尽に足で描くフット・ペインティングという独自の方法を編み出し、国際的に高い評価を得た。

画家・吉原治良をリーダーとする前衛芸術グループ「具体美術協会」では結成翌年の1955(昭和30)年に会員となり解散する72(昭和47)年まで中心的なメンバーのひとりとして活躍した。
身体を使って描いた迫力ある作品の数々は、国内外の美術館に収蔵され今なお多くの人々に感動を与えている。

生まれ育った尼崎をこよなく愛し、芸術文化の発展に力を尽くした。尼崎市民芸術賞、兵庫県文化賞、文部大臣文化功労者表彰など受賞多数。2008(平成20)年、尼崎市にて逝去。

当記念室について

白髪一雄記念室は、独自の描画法により世界的な評価を得た尼崎市出身の画家、白髪一雄の功績を称え、その画業を広く紹介することを目的として、市の文化発信の中核施設である尼崎市総合文化センター内に2013年11月1日に開設されました。

収蔵する作品・資料は、尼崎市が所蔵する白髪一雄の作品(絵画・版画など)約90点に加え、白髪氏の没後にご遺族から寄贈、寄託いただいた多数の作品・資料(デッサン、スケッチブック、書籍、写真など)約4,000点を中心としており、これらの整理・調査を行いながら順次公開します。

白髪一雄(図)

当記念室について

  1. 作品・資料の展示
    年3回程度の展示替えを行います。
  2. 作品・資料の調査、研究
    保管している資料を整理、調査し、研究に活用します
  3. その他
    作品・資料を活用した普及事業を行います。

白髪一雄の調査・研究については、研究者、市民の皆様にもご協力をお願いしております。情報や資料などをご提供いただける方は、当記念室にお申し出ください。
また、収蔵している資料は展示していないものでもご覧いただけるものがあります。ご希望の方はお申し出ください。(閲覧には事前にご予約が必要です。)