主催事業

美術展事業企画展や、公募展、文芸作品の募集企画などをご紹介します

ホーム > 主催事業 > 美術展事業 > 兵庫県立芸術文化センター所蔵 薄井憲二バレエ・コレクション特別展

兵庫県立芸術文化センター所蔵 薄井憲二バレエ・コレクション特別展 「バレエ・リュスと美術家たち」

兵庫県立芸術文化センター所蔵 薄井憲二バレエ・コレクション特別展

20世紀の初め頃、パリおよび欧米各地を巡業し、革新的な公演を行った「バレエ・リュス」の関連資料を展示します。
パブロ・ピカソ、レオン・バクスト、マリー・ローランサン等の美術家たちが表紙をデザインした公式プログラムをはじめ、写真、衣装など、当時の貴重な資料をご覧ください。

日 時

11月21日(土) ~ 12月13日(日)

10:00~17:00(入館は16:30まで)
毎週火曜日休館
※11月27日(金)・28日(土)は夜間開館のため20:00まで観覧できます。

会 場
美術ホール
5階
チケット情報

一般500円、シニア(65歳以上)400円、大学生400円、高校生以下無料

(白髪一雄記念室の入場料を含む)

※障がいのある方は半額、その介護の方は1名無料です。入場の際に障がい者手帳などをご提示ください。

お問い合わせ (公財)尼崎市文化振興財団 事業課美術担当 TEL: 06-6487-0806

イベント詳細

■展示作品紹介

このほか約150点の作品・資料等の展示を予定しています。

図版提供:兵庫県立芸術文化センター 薄井憲二バレエ・コレクション

 

 

■薄井憲二バレエ・コレクションとは

日本バレエ協会前会長、ダンサー、振付家、指導者、評論家、研究家として、日本バレエ界を牽引し続けた薄井憲二氏(1924~2017)による、世界でも有数の規模を誇るコレクション。バレエの誕生から現代までを網羅し、総数6,500点をゆうに超える資料には、公式プログラム、写真、アンティーク・プリント、絵画、ポスター、衣装など、バレエ史上極めて重要な、そして、美術的価値も高い資料が数多く含まれています。


[外部リンク] 薄井憲二バレエ・コレクション 公式ウェブサイト


 

■コーナー展示

尼崎市総合文化センター・あましんアルカイックホールは、バレエとのつながりが深い複合施設です。このたび貞松・浜田バレエ団の特別協力により、同団のバレエ衣裳、ポスター、プログラム、公演映像等の展示を行います。薄井憲二バレエ・コレクションによる「バレエ・リュス」とはまた別の視点から、バレエの世界をご堪能ください。
「くるみ割り人形 お菓子の国ヴァージョン」
貞松・浜田バレエ団/撮影:古都栄二


【夜間開館】(Kansai Night Museum)
11月27日(金)・28日(土)は夜間開館のため20:00まで観覧できます。
(この2日間のみ入場は19:30まで)

■ご来館の皆様へ■

ご入館の際はマスクの着用と手指の消毒など、
新型コロナウイルス感染症拡大防止のためにご協力をお願い申し上げます。

主催・後援・協賛など

主 催

公益財団法人尼崎市文化振興財団

特別協力 兵庫県/兵庫県立芸術文化センター/一般社団法人 貞松・浜田バレエ団
後援 尼崎市/尼崎市教育委員会/公益財団法人 兵庫県芸術文化協会
監修 関典子(薄井憲二バレエ・コレクション・キュレーター/神戸大学准教授/ダンサー)

一覧に戻る