特設ページのご案内

白髪一雄ゆかりの地を地図と動画でご覧いただけます。 詳細はこちら。
お知らせ・予告
[5月22日更新]
当記念室は新型コロナウイルス感染症拡大防止のため臨時休館しておりましたが、6月6日(土)より開室いたします。休館中は皆様にたいへんご不便をおかけしましたことをお詫び申し上げます。
 なお、ご来場の皆様には、以下のとおりご協力をお願いしております。


[9月12日更新]
9月14日(月)~10月9日(金)まで展示替えのため休室します。次回展示は10月10日(土)~2021年3月21日(日)までです。

[6月27日更新]
「高松市美術館コレクション+(プラス) 身体とムービング」展にて、尼崎市所蔵の白髪一雄作品が展示されます。詳細はこちら。
 [追記] ※この催しは9月6日(日)にて会期終了しました。

[5月7日更新]
当記念室は、5月9日(土)から第15回展示『没後5年 白髪富士子 前衛美術家としての足跡』を予定しておりましたが、緊急事態宣言の延長に伴い、当面の間、臨時休室を延長します。
最新情報は当記念室WEBページにてお知らせしますので、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

[4月10日更新]
当記念室は、新型コロナウィルス感染拡大防止のため、5月8日(金)まで臨時休室します。
次回の展示「白髪一雄記念室 第15回展示『没後5年 白髪富士子 前衛美術家としての足跡』」は、5月9日(土)~9月13日(日)まで開催予定ですが、今後の情勢により変更となる場合がございます。
最新情報は当記念室WEBページにてお知らせしますので、ご理解・ご協力のほどお願い申し上げます。

[3/15更新]
当記念室は、展示替えのため3月16日(月)~4月17日(金)の期間中、休室しています。

[2/29更新]
3/14(土)に予定しておりました【白髪一雄ゆかりの地まち歩きマップ 完成報告会・まち歩きツアー】は、
新型コロナウイルス感染症の感染リスクを考慮し、延期とさせていただきます。
今後の日程等につきましては、当ウェブサイト上にて改めてお知らせします。
当イベントを楽しみにしていただいていた皆様には誠に申し訳ございませんが、ご理解・ご了承のほどよろしくお願い申し上げます。
次回の展示内容

白髪一雄記念室 第16回展示 「寄贈・寄託作品選 Ⅱ」


(2020年10月10日~2021年03月21日)

《曜春》1989年 年賀状原画シリーズ
当記念室は、戦後日本を代表する尼崎市出身の抽象画家 白髪一雄(1924-2008)の没後、2013年11月に開設し、尼崎市の所蔵作品に加えて白髪氏のご遺族より寄託を受けている多くの資料をもとに、各回テーマを設けて展示を行っています。
開設からこれまでの7年間には、活動の趣旨に賛同する個人や公共機関等から寄贈・寄託を受け、作品・資料の充実が図られてきました。
第16回展示では、平成26年度に寄贈を受けた年賀状原画シリーズ(油彩9点、水彩16点)を中心に、昨年度に寄贈を受けた初公開作品を含む27点をご紹介します。

年賀状原画シリーズは1970~90年代にかけて、白髪が年賀状の原画として毎年1点ずつ描いた小品シリーズです。年始を祝うものであるため鮮やかな色調で描かれ、華やかな印象を与えます。

また、加西市から寄託を受けている《タヂカラ男》は、ヘラを用いて描いた伸びやかな色面の上に身体による激しい動きを感じさせる線が重なり、力強さが強調された作品です。

昨年度新たに寄贈された《無題》は、具体美術協会で活躍していた時代の1960年に描かれたもので、赤と黒を基調とした白髪らしい作風です。

白髪のアクション・ペインティングの幅広い表現の魅力をお楽しみください。

■チラシを表示 [PDF: 約0.8MB]

 

※11月3日(火・祝)は開室、4日(水)は休室します。

※年末年始 12月29日(火)~ 2021年1月3日(日)までは休室します。

 

展示解説会

担当学芸員による展示作品の解説を行います。

[日 時] 10月17日(土)【中止】、11月28日(土)、12月19日(土)、2月27日(土)いずれも14:00~

[場 所] 白髪一雄記念室

[定 員] 各日10名

[参加費] 無料(白髪一雄記念室の当日券が必要です。)

[申込み] 不要(当日、直接会場へお越しください。)