お知らせ
新型コロナウイルス感染拡大防止のため、ご来場の皆様には、以下のとおりご協力をお願いしております。
  • 入室前にマスクの着用、手指の消毒をお願いします。
  • 発熱、せき、くしゃみなど風邪の症状がある方の入場はご遠慮いただいております。
  • 室内が過密になった場合、一時的にご入場を制限する場合があります。
関連情報のページ(展覧会のご紹介)を更新しました。

[2022/9/22 更新]
白髪一雄記念室は、展示替えのため休室いたします。
期間:9月26日(月)~10月21日(金)

※[2022/10/22追記]展示替え完了に伴い開室いたしました。

[2022/5/10 更新]
イベント・関連情報(展覧会)を更新しました。

展覧会

【開催中】第20回展示「ワールドワイド白髪一雄」


(期間:2022年10月22日~2023年03月26日)

天富星撲天雕 1963年 尼崎市蔵
 白髪一雄(1924~2008年)は尼崎市ゆかりの抽象画家です。床に広げたキャンバスに大量の絵の具を置き、天井から吊り下げたロープにつかまり素足で描く独自の技法「フット・ペインティング」を確立しました。1955年、前衛美術グループ「具体美術協会」(具体)に参加し、1972年に解散するまで中心的なメンバーの一人として活躍しました。白髪はアメリカ、イタリア、オランダ、フランス等の都市で開催された国際芸術祭および「具体」の海外展へ数多く参加し、「具体」のメンバーらとともに注目を集めました。
 1957年、フランスの評論家ミシェル・タピエが来阪し交流を持ったことをきっかけに、白髪は翌年、作品をヨーロッパに送る契約を結びました。以降、多くの作品が海を渡り、その一部は現在国内外の美術館にも収蔵されています。
 本展では、代表作『水滸伝豪傑シリーズ』のひとつ《天富星撲天雕》を展示すると共に、国内外における美術館等の作品の分布を示します。併せて、当時の展覧会の様子や作品と日本の伝統文化との関わりなどを、写真と資料で振り返ります。
 今もなお世界各地で展示され、国境を越えてファンを魅了し続ける白髪一雄の作品とワールドワイドな活動の軌跡を、関連資料等とともにご覧ください。

(※毎週火曜日休館です。年末年始12/29~1/3休館です。3/21(火)は祝日のため開館、翌3/22(水)休館です。)

展覧会チラシ


チラシを表示[PDF 約2.5MB]

 

展示解説会

担当学芸員による展示作品の解説を行います。
[ 日 時 ]12月17日(土)、2023年1月28日(土)、2月25日(土)(予定)
いずれも14:00(約30分)
[ 定 員 ]各日10名
[ 申込み ] 不要 
[ 参加費 ] 無料(白髪一雄記念室の当日券が必要です。)


同時開催

「西野壮平写真展 線を編む」の会期中(11/26~12/25)は、同展の入場券で白髪一雄記念室もご観覧いただけます。