尼崎ゆかりの抽象画家

白髪一雄記念室

当記念室について

白髪一雄記念室の写真 白髪一雄記念室は、独自の描画法により世界的な評価を得た尼崎市出身の画家、白髪一雄の功績を称え、その画業を広く紹介することを目的として、市の文化発信の中核施設である尼崎市総合文化センター内に2013年11月1日に開設されました。

収蔵する作品・資料は、尼崎市が所蔵する白髪一雄の作品(絵画・版画など)約120点に加え、白髪氏の没後にご遺族から寄贈、寄託いただいた多数の作品・資料(デッサン、スケッチブック、書籍、写真など)約4,000点を中心としており、これらの整理・調査を行いながら順次公開します。


白髪一雄(図)

  1. 作品・資料の展示
    年2回程度の展示替えを行います。
  2. 作品・資料の調査、研究
    保管している資料を整理、調査し、研究に活用します。
  3. その他
    作品・資料を活用した普及事業を行います。

白髪一雄の調査・研究については、研究者、市民の皆様にもご協力をお願いしております。情報や資料などをご提供いただける方は、当記念室にお申し出ください。
また、収蔵している資料は展示していないものでもご覧いただけるものがあります。ご希望の方はお申し出ください。(閲覧には事前にご予約が必要です。)