展示内容

白髪一雄記念室 第1回展示「初公開 甦った初期作品を中心に」

(2013年11月01日~2014年03月23日)

《妖草II》1952年

初公開する初期の油彩画4点は、白髪の没後、自宅の倉庫に木枠を外して巻いた状態で見つかったものです。白髪の最初期の作品は現存するものが少なく貴重であるためご遺族から寄贈していただきましたが、傷みがひどく2年をかけて修復し、このたび美しく甦りました。
これらは白髪が洋画家として歩み始め、新制作派協会の展覧会に出品していた1950~52年頃の作品で、白髪が〈部屋シリーズ〉と名付けていたものです。《妖家具》《妖草II》《陰火》などにみられる題名と闇を思わせる暗い色調からは、当時の白髪の関心が、夜の室内とりわけ「暗い物置の中に妖気を帯びたような」空間であったことがわかります。そこに描かれているものは、月の光を浴びているかのようにほのかに白く浮かび上がり、暗闇の中でうごめいているようにも見えます。
これは白髪が愛読していた中国文学や、グリム童話やホフマンの小説などドイツ文学からの影響によるものですが、白髪はその頃よく見る夢をそのまま絵にしていたと語っています。
当時、白髪は意識下にある世界を表現するオートマティスムの手法を取り入れて小さなペン画を無数に描き、その中から選んだものを油絵として作品化していました。このオートマティスムの手法は、白髪が自らの「精神」をより直接的に表現する手段として、その後の身体を使ったアクション・ペインティングへと繋がっていくことになります。

■展示作品リスト

作品名 制作年 サイズ(cm) 技法・材質
尼崎与茂川つづみ 1947 25.8×37.3   水彩・紙
尼崎西本町三丁目付近 1947 25.8×37.3   水彩・紙
尼崎工場界2 1948 30.5×43.5   水彩・紙
二階窓外の景 1948 35.0×26.8   クレヨン・紙
鳥檻 1949 90.2×71.3   油彩・キャンバス
夜の風物 1950 50.1×65.3   油彩・キャンバス
陰火 1951 91.5×115.5 油彩・キャンバス
無題 1951 131.0×145.5 油彩・キャンバス
妖家具 1952 73.0×117.0 油彩・キャンバス
妖草II  1952 109.3×230.3 油彩・キャンバス

 

次回予告

白髪一雄記念室 第2回展示「白髪一雄と具体 I(初期~中期)」
(2014年4月5日~ 予定)

過去の展示内容